伊勢湾岸自動車道を走る
 遷都麗空に行き、名鉄空港線の常滑〜中部国際空港間乗車にて無事高井田先生は鉄道線全線完乗(ケーブル除く)のタイトルホールドを達成された。伊勢湾岸自動車道を使用したのはその帰途である。

  行きはR23を使用していた。しかし、この道路は一日中混雑が激しい。行きのR23では大型車の渋滞の列に巻き込まれ、前をゴミ収集車に後ろを硫酸を積んだトラック(毒)に挟まれてのろのろ運転を余儀なくされたこともある。夕方からの渋滞が懸念された。終日運転で少々お疲れ気味の高井田先生は、有料道路の伊勢湾岸自動車道はおそらく快適に走れるだろうとご推察され、そちらに向かった。

ということで伊勢湾岸自動車道の写真も撮影したので、ご覧いただきたいと思う。
のってすぐに名港潮見ICの案内が見える
R23が混雑するのは車線が減少する飛島村以東である。逆に言えば飛島村から木曽川方面は比較的楽に走れるということで、そこの出口に大型車が集まるのも分かるような気がする。
名港東大橋(700m)
名古屋港の内側をえぐるように走る「名港トリトン」は世界最大規模の海上斜張橋群である
名港潮見IC(8)
橋は山形になっているようだ。
名港中央大橋(1170m)
名港中央IC(9) 名古屋の金城埠頭はここでおりる
目の前には名港西大橋が大きくそびえている。上下別線で斜張橋が架けてあるようだ。
車列が!!!
名港西大橋(758m)
飛島IC(10) 昔ここを夜に走ったことがある。
名港西大橋から見下ろす名古屋港の夜景は筆舌に尽くしがたいものがあった。
湾岸弥富IC(11)
湾岸長島IC・PA(13) 左側のジェットコースターはナガシマスパーランド
こんな処にテーマパークって、一日遊んだだけでのどが痛くなりそうだ
日本の経済を支える四日市の工業地帯がここからよく見える。
湾岸桑名IC(14)
みえ川越IC(15) なかなか複雑な構造のようで
ここからR23に抜けると、大阪方面に向かうであろう大型車で道が激しく混雑していた。
ちなみに、これはだいたい70km/hくらいで流れている。こわい。


感想:流れが速く、非常に快適な道である。R23で大型車に挟まれたくない人には、東海IC〜みえ川越ICのバイパス利用は、まぁまぁ適切な出費ではなかろうかと思われる。

たぶん旅