東広島呉自動車道を走る
東広島から黒瀬を経由して呉に行くR375は、山陽自動車道やR2から呉方面に行くための貴重な幹線道路である。しかし、R375は道が細く、またそれゆえ、ひとたび混雑すればなかなか進まない道であった。 11月3日、その一部区間が暫定2車線で開通するということで、早速走りに行ってきた。

東広島呉自動車道は山陽自動車道広島東JCTから黒瀬を経由し阿賀に抜ける高速道路(B路線)で、全線無料で通行できる。東広島から山陽自動車道は海沿いを走っていないため、どうしても瀬戸内海方面に出るために一般道を通る必要があったが、これにより速く快適に瀬戸内海方面に抜けることが可能になった。(地図は広島県のサイトより引用)

訳あって東広島方面からR375呉方面から馬木ICへとすすむ。
交差点を曲がって馬木ICの入流路
馬木IC(3)
ご覧の通りの暫定2車線。
入っていきなり下三永福本ICの予告が現れる
下三永福本IC(2)
一応R375をあらわすおにぎりも立ててある。
空は青く、絶好のドライブ日和。
一応4車線区間もあるみたい。
上三永IC(1)
今回開通分はここが暫定的な終点。この道路は山陽自動車道方面に走り、東広島JCTで接続される予定。
道路はするするっとランプを抜けて、R2に接続する。


山陽自動車道と接続された時の効果は計り知れないものがあろう。今後に期待である。

たぶん旅