昨日京奈良広島明日





金曜の夜、ハイエナ号は同様の目的をもつヒデを西条で拾い、名古屋に向かうすなわち方向が一致するS伯を常石で拾い、一路高速伝いに東へ東へと向かった。

翌朝、S伯を井田川で降ろした後、じんぷうさんを井田川でピック。名阪国道を経由して法隆寺に向かった。




今回の関西方面の旅は、じんぷうさんメイン。連休がとれたということで一度いってみたかったという京都・奈良方面へ、とのこと。

せっかくだから、ということで我々もハイエナ号を駆って東方面へ。

その話をS伯にしたら、名古屋方面相乗りの話が。

それを別の方面で話したら、神虎さんが奈良ツアーにおける解説とじんぷうさんのお相手を引き受けていただけることに。

その連鎖で、たどり着いたのが法隆寺。





数校数百人の修学旅行生の入り交じる中、私とヒデは神虎さんとじんぷうさんの会話を解説に法隆寺を拝観した。

人も多かったにも関わらず、2年半ぶりの法隆寺は、静かで心落ち着く空間だった。上御堂の釈迦三尊像・ 四天王像とお香の香りがそれらしさを漂わせていた。

我々はそのあと、東大寺に向かった。





東大寺では、法隆寺よりさらに多くのお客がひしめき合っていた。それらの喧噪に東大寺の建物はよく調和していた。


ヒデとじんぷうさんは柱の穴が余裕でくぐれていた。私は無理。体格的に。








お世話になった神虎さんとせめて天理市まで送ったあと、夜は、名阪・東名阪・R258経由で羽鳥邸に。おいらはケータイ大喜利をみてけたけた笑って一日が終わった。残りの一日がどう終わったかは、定かではない。




翌朝、目的地を平等院鳳凰堂に絞って行動開始。じんぷうさんにハイエナ号をごろがしてもらって、京滋バイパスの宇治東ICから平等院に。




ここにたって、いつもやるみたいに10円玉の見比べをしてみたり、
宇治茶の葉の天ぷらをヒデ・じんぷうさん・木谷の3人でつまんでみたり。


じんぷうさんとは、JRの宇治でお別れ、奈良線経由で京都に戻った後、どこかに立ち寄られたはず。

我々は、
S伯は名古屋からULを使ってなんば、そこで待ち合わせ、
阪神高速を使い、相変わらず環状線はひどいねぇとかいろいろ言いながら帰途についた。





旅はひとりより、複数。ガス代高騰のなか、複数人であれば値段もそこそこに、
それでも、自分たちの思うがまま、今回もまた楽しい時間でございました。
よせられたひとこと
無題
2008/06/09(Mon)15:18
土日とお疲れ様でした♪
おかげさまで、長年行きたいと思っていた京都・奈良に行く事ができました。
しかもハイエナ号まで運転させてくれるしw
軽自動車のよさを再確認できました〜
現行規格でも、あれだけ走れば上等です。

宇治で別れたあとは、奈良線(103系!)で京都、
木谷さんお勧めの東寺を拝観。
京の町は本当に道路が条里制のままなんですね〜

で、帰りは名古屋で買いそびれた土産を買って、
そのあと最新N700系で東京へ。
車両側電源でPCとか使えたのには驚愕。

また時間と資金に目処が立ったときは宜しく!!
No.1|by じんぷう|URL

無題
2008/06/10(Tue)23:42
お疲れ様でした。

またいろんなところで遊びましょう!

そんときはまたハイエナ号をかわいがってください。
No.2|by 木谷|URL

たぶん旅